FC2ブログ
異世界に飛ばされたねこの日々
2019年03月27日 (水) | 編集 |
3月22日金曜、ねこはかねてよりムネで飼育していたガンの切除手術を受けた。
手術台がえらくスリムで、肥える力を持つ勇者ねこが手術台から転がり落ちそうになったというおいしいネタまでゲットしてしまった。

点滴から麻酔薬を注入し全身麻酔。
「すっと寝てしまうというからそれまで中の様子を見ておこ

どすん。

「くろねこさーん、終わりましたよー」
リットアティン強襲戦かよっ!

医者
医者「くろねこさん、手術は無事終了しました。リンパ節の転移もなく、とてもうまくいきましたよ」

ふつうねこ
「美しい川も花畑も見えず出荷されずにすんでよかったわー」

悩む医者
医者(あいかわらずわけわかんないこというオバサンだな)

ffxiv_20190326_232947_814.png
医者「それにしても…」

ふつうねこ
「……」

ffxiv_20190326_233001_793.png
医者「きれいに仕上がったなあ~…」

ふつうねこ
「……やべえコイツなんか変なオーラ出てる」

いやホント温厚な先生だったんだよ。
つか今だって温厚な先生なんだよ。

手術痕見た時だけマッド・サイエンティストのオーラ出すのやめてくださいせんせい。

※実話
スポンサーサイト



2019年03月14日 (木) | 編集 |
ことの起こりはTwitterでの冗談会話。

昔Master of Epicで「うさぎとおっとー」という四コマ描いてて、その時の雰囲気でもう一キャラ作ってみたくて、イージスサーバーに女の子ララを作ってみた。
ffxiv_20190303_155109_536.jpg

名前はシッカちゃん。
しっか【室家】
① 家。住居。
② 家庭。うちわ。
③ 他人の妻を敬っていう語。内方。
コトバンクより

ルガの夫がいる設定、と言ったところ、ねこが発情期を迎えたらエタバンしてくれる約束だったらん兄さんが反応したので、ノっていただくことにした。
それがおっと、オットーだ。
D1Jh6mIUwAIyQMz.jpg
オットー氏Twitter画像より

ふたりの夢はお金を貯めてすてきなおうちを建てること。
さあいつ実現可能か!
テーマ:FINAL FANTASY XIV
ジャンル:オンラインゲーム